このページの本文へ移動

院長紹介

オンラインHDFを
スタンダード治療に

透析治療を行なっている患者さんは高齢化が進んできており、合併症も多様になってきています。患者さんを取り巻く環境は厳しくなってきいていますが、医療知識や治療法も日進月歩で進化しており、当クリニックでは2018年10月に透析装置を一新リニューアルすることでオンラインHDFをスタンダード治療にすることができました。これまで以上にモニターできる数値や治療モードも増え、透析中や予後において患者さんの症状改善が期待できます。

院長 神田文義

院長 神田文義

常に患者さんの
立場に立って

ターミナル駅であり、ビジネス街でもある新横浜駅の近くという立地もあり、高齢者の方から社会の第一線で活躍されている方まで、幅広い患者さんに通院いただいています。それぞれの患者さんが人生の中で何を重視しているのかをできる限り尊重しながら、常に患者さんの立場に立って理解しやすい説明を心掛け、安心/安全で信頼される医療を実践していきたいと思っています。

略歴

  • 横浜市立大学医学部卒業
  • 横浜市立大学医学部附属病院 泌尿器科
  • 横須賀共済病院 泌尿器科
  • 横浜南共済病院 泌尿器科
  • 静岡県立こども病院 泌尿器科 副医長
  • 国際親善総合病院 泌尿器科 医長
  • 前田記念新横浜クリニック 院長就任

資格

  • 日本泌尿器科学会専門医
  • 難病指定医
  • 身体障碍者福祉法第15条1項 じん臓機能障害指定医
他のクリニックへ